私はWEBやパソコンなど、とにかくインターネットに関する情報に疎い20代女性です。毎日パソコンやスマホを触り、ネットサーフィンをしたり、SNSやブログを運営したりもしているのに、ネットに関する知識については「難しそう」というイメージがあり、実際、意を決して調べてみても、よく分からない用語が盛りだくさんでやっぱり理解できなかった、ということも多々ありました。

そんな私がSEOについて知ったきかっけは、副業で始めたWEBライティングです。最初は誰でも着手可能な、簡単なタスク作業ばかりをこなしていたのですが、段々と慣れてくると、自分から案件に提案するプロジェクト形式の仕事もこなすようになってきました。そんなWEBライティングの案件の中に、「SEOについて最低限理解している方」という募集要項を見つけたのです。当時私は、タスク作業とはいえ、WEB上で掲載するための記事を作成することで報酬を得る仕事をしていたのに、SEOについての知識がないどころか、その言葉の存在さえ知りませんでした。

私はその案件の募集要項を見て、「SEOって何のことだろう?」と思い、言葉の意味について調べてみました。そして、SEOがWEB上で記事を書くうえで大切な要素であるということが分かったのです。とはいえ、私は今でも、SEOについての知識が豊富といえる状態ではありません。SEOに関する知識はフワッとしており、SEO対策をきちんとしてないと上手に集客できないということ、SEOでは検索する人が辿り着けるように、記事のタイトルや内容に最適なキーワードを入れることが重要であること、といったことは分かるのですが、それ以上のことは正直なところ分かっていません。

これでは、SEOを知った当初と状態としてはあまり変わらないのも事実。これを機に、SEOについてきちんと勉強し、正しい知識を身に着けて副業のWEBライティングにさらに磨きをかけたいと思います。